<Bio>
Reiko Nomura is a Japanese composer, film composer and pianist based in Sofia, Bulgaria and Tokyo JAPAN.

She is also a winner of many prominent awards, such as Top winner of European Academy of Fine Arts’ 2021 Call For Scores, Finalist in the INSTRUMENTAL category in the 2022 International Songwriting Competition (ISC), 2021 Best Composer of LIT Talente Award, Special prize winner of 2nd ISAC International Popular Music Composition Competition, Finalist of YAMAHA International Electone Competition.
Has honored received The Jan Kaczmarek Scholarship 2021 to get Master degrees in Film scoring academy of Europe.

She started to play the electronic organ at the age of 3, later She started to play the piano and the synthesizer.

She received Senzoku University degree with the highest score among the electric organ majors.
After graduated, she joined the Conducting Institute.

<Experience>
・Composed music for the Bulgarian documentary movie “POLLY”
・Mozarteum concert hall of the goodwill concert invited by Kawasaki City Japan (Salzburg, Austria – Europe)
・One of the performers in the premiere of works by Japanese composer, Masaharu Kikuchi(Tokyo JAPAN )
・Exclusive concert for selected rookies (Tokyo JAPAN)
・Orchid Festival ,Bon Festival show played with Mr. Akira Toyoda (drums) and Joseph German(Sax) (Los Angels USA)
・Host band at Little Tokyo’s 2nd Street Jazz(Los Angeles USA)
・Composed some music the Japanese horror movie “My Blood Bones”

野村玲子(ノムラレイコ)は作曲家、映画音楽作曲家、ピアニスト、指揮者、指導者として国際的に活躍しています。

数々の賞を受賞しており、2021年European Academy of Fine Arts’ 2021 Call For Scoresで優勝、2022年 International Songwriting Competition (ISC)のファイナリスト、2021年 Best Composer of LIT Talente Award、第2回ISAC国際作曲コンテストSpecial Prize、ヤマハインターナショナルエレクトーンコンクールファイナリストなどを受賞している。
加えて2021年には、ハリウッド映画作曲家・指揮者であるヤン・A・P・カチュマレク奨学金を受け、Film scoring academy of Europe大学院を卒業している。

幼少期より電子オルガンを始め、その後ピアノやシンセサイザーに転向し演奏活動を始める。
大学在学中にヨーロッパデビュー。日本人作曲家による電子オルガン作品を演奏し好評を博す。
(オーストリア・ザルツブルグ、モーツァルテウムホールにて。川崎市主催のコンサートで寺島尚彦氏作曲の和太鼓とのアンサンブルや、菊池雅春氏作曲の電子オルガンの為のソロ曲など演奏。)
その他、全日本電子楽器教育研究会主催新人演奏会、卒業演奏会、コンサートなど、数々の舞台に出演。

洗足学園大学電子オルガン科主席卒業。
卒業後に洗足学園音楽大学付属指揮研究所に入所。
Film scoring academy of Europeにてメディア音楽作曲専攻の修士号を取得。
電子オルガンの為の「玲子一人芝居〜秋の夜長の罪と罰」(菊池雅春作曲)初演。
ラウンジピアノ、パーティ演奏、ジャズバー演奏、映画「私の骨」の作曲録音などを経て渡米。
2年間アメリカロサンゼルスに活動拠点を移しリトル東京の2nd street jazzにて週二回ホストバンドとして演奏活動のほか、CD作成、オーキッドフェスティバルでの演奏、豊田明氏(ドラム)やジョセフジャーマン(サックス)との共演などの活動を行う。
ブルガリアのドキュメンタリー映画『ポリー』への挿入曲”Lux et umbra”を作曲。

・ピアノ演奏(クラシック、ジャズ)
・音楽レッスン(DAW、ピアノ、Music together®︎による未就学児用グループレッスン)
・作曲(オーケストラ曲、ピアノ曲、映画音楽、ゲーム音楽、など)